京都のインプラント治療に関する費用、期間、手術、専門医の情報をトータルに提供しています
治療方法について HOW TO IMPLANT
HOW TO IMPLANT
治療方法について

手術について

高度な技術を伴うインプラント治療は、個々の症例や顎の骨の状態に応じてサイナスリフトなどの骨造成手術を行うことがあります。

以下ではインプラント治療の代表的な手術を紹介します。

arrow

骨造成手術

人は一度歯を失うと、顎の骨がどんどん痩せてしまいます。また骨が痩せても皮膚の大きさは変わらないため、顔のシワやタルミにもつながります。従来であれば、顎の骨が痩せている場合はインプラント治療は不可能とされてきましたが、近年では、インプラントをできる状態にまで骨を再生させる骨造成の手術が導入され、インプラント治療を行えるケースが大きく広がりました。

骨の幅が痩せてしまっている場合、インプラント埋入と骨造成の手術を同時に行います。骨が著しくない場合には、骨造成とインプラントの埋入を2回に分けて行う場合もあります。
骨造成手術
骨造成手術 画像01
骨造成手術 画像02

サイナスリフト

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)にはもともと上顎洞(サイナス)と呼ばれる骨の中の空洞があり、歯の喪失によって骨の厚みが失われた場合、インプラントを埋込することができません。その際には、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)という骨の移植手術を行います。これにより十分な骨量を確保し、インプラントを安全に埋入することが可能です。

歯が無くなると、歯槽骨の吸収が進行します。歯槽骨が薄くなってしまった部分の上顎洞底部には移植骨や骨補填材の填入をします。このときインプラントを同時に埋入しますが、骨があまりにも薄い場合はインプラントの埋入は骨の造成が完了してから行います。
サイナスリフト
サイナスリフト 画像01
サイナスリフト 画像02

仮骨延長法

仮骨延長法は、骨そのものを牽引・延長することで骨の増量をはかる方法で、生体の再生機能や機械的刺激に体する生物学的反応を利用するものです。長所としては、他部位からの骨採取や人工材料を必要としないことや、骨の厚みや高さが確保できること、周囲の軟組織も増量すること、骨の延長のみならず、延長(再建)部位の機能の付加ができることが挙げられます。逆に短所としては、治療期間が約6ヶ月ほどと長いこと、延長装置への感染のリスクがあることが挙げられます。


資料請求 個人情報保護方針 矯正ステーション 審美ステーション サイトマップ